恥ずかしがる美娘

恥ずかしがる美娘

「下の方の・・・気持ちいいところを・・・何て言ってるのかな?と気になりまして・・・」男に聞かれ恥ずかしそうに笑う美希ちゃん。「ハハハ〜。言えないですよ〜、そんな〜〜」と恥ずかしがる。「言ってくださいよ〜。それだけでも僕興奮してイッちゃいます〜」と促すも「イヤですよ〜〜」と淫語を言えずにいる。しかし「・・・クリトリス」とやっと口にしてくれる。「その下の・・・ワレメのほうは?」とさらに男が促す。「ワレメ?・・・うふふ〜〜、よくわかんない〜〜」と羞恥心が最大に。「恥ずかしいよ〜〜。・・・オマンコ」と言ってくれる。「性感帯がわかったところで・・・」と男が美希の首筋を愛撫し始める。おっぱいを揉みながらキスをする男。「気持ちイイ?じゃあ、こうやって・・・」とさらに揉み揉みしていく。「優しくされるのが好き」という美希のおっぱいをゆっくりと揉みしだいていく。シャツをはだけると白いブラジャーがあらわに。男は両乳を鷲掴みにしていく。シャツを脱がせてブラを外すと小ぶりながら形のいい綺麗なおっぱいがあらわに。「すごい綺麗〜」と男も口にするほどの美乳をコリコリと乳首攻め。さらに脚を開かせ浅く座らせる。「恥ずかしい〜〜」白いパンティが丸見えになり恥ずかしさで一杯になってしまう美希。「オマンコでしたっけ?」とパンティの上からクリトリスからワレメに指を滑らせていく。「あん、あん、ん〜〜」とすぐに喘ぎ声を漏らしてしまう美希。グリグリと男の指がオマンコを弄る度に「気持ちイイ〜、気持ちイイ〜〜」と顔を歪ませる。男はパンティをグイッと食い込ませ「ほら?シミが・・・」とパンティを濡らす愛液を口にすると「イヤ〜ん、恥ずかしい〜」と顔を歪める。「オマンコ見ていい?」男はスルスルッとパンティを脱がせパックリと脚を広げさせる。綺麗なピンク色のワレメがパックリと広がりさらに羞恥心で一杯になってしまう・・・。ギャル系の美娘を言葉攻めで羞恥プレイする物語。美乳、美脚、美マンとそそるボディが魅力的。深○K子似のかわいい顔で悶絶する姿はさらに下半身をビンビンにさせる。素人好き、羞恥プレイ好きにお薦めの作品。

H:G:M:O

美希

恥ずかしがる美娘動画

恥ずかしがる美娘はこちら

恥ずかしがる美娘はこちら

タイトルとURLをコピーしました